×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

126日(火)ヴィリニュス 曇り後時々雨 強風

 

 今日はトラカイ城への日帰り見物ツアーを予定しているが、明け方からビュゴーと風が吹いている。7時起床。いつも使っている1階のトイレが壊れている。汚水が漏れているらしく、トイレの床は水浸しで、そしてクサイ。2階のトイレを借りる。ちなみにここの2階と3階はオフィスになっており、泊まることはできない。

 

 バスターミナルへ行き、9時半のバスに乗って、108分にトラカイに着いた。風はますます強く、あいかわらずビュゴーと吹いている。体感温度、大いに下がる。お城までは地図を頼りに1.5kmの道を歩く。通りをまっすぐ行けば城門に出たようだが、途中で近道だと思って脇道にそれたら、間違って城のはずれの古い城壁に入ってしまった。ぬかるんだり、凍っていたり、危ない。土の歩道を凍った雪が覆い、その表面が解けているので、よく滑る。森と湖に囲まれたお城が見えてきた。結果オーライ。

 

湖の色が遠目で変だなーと思いながら近づくと、なんと全面結氷している。氷上で釣りをする人あり。試しに氷上を少し歩いてみた。お城までは橋が一本かかっているが、このまま湖上を歩いて行けそうな気もする。が、慣れない我々は氷が割れて落っこちるのが怖いので、やらない。

 

冬とあっては「森と湖に囲まれた中世の・・・」というロマンチックさはないが、お城はよく復元されている。展示物もたくさんあり、よろしい。

 

1320分のバスでヴィリニュスに戻る。14時ちょうどに着いた。

Café Afrikaで昼食。郵便局で写真を送る。

 

そしてゲディミノツアーに行き、ついにロシアVISAを取得!! パンパカパーン!!

 しかし喜ぶのはまだ早い。そこは恐怖の国(?)なのだー!

 

ちなみにVISAの有効期間は2/13/1である。サンクトペテルブルグのエージェンシーがインヴィテーション元になるので、着いたらまずそこに行けば、レジスターも問題ないそうだ。

 

トロリ4番でペトロパウロ教会まで行き、ミニスーパーでビールを買って部屋に戻る。「VISA取得おめでとう!」ゲディミノツアーのスタッフは、オバサンもオニイサンもオネエサンも、みんな明るく親切で笑顔が素敵な好い人たちばかりだ!! 感涙にむせぶ我々である。ビールがうまい。

 

 トイレはかなり気合いを入れて消毒が成されたようで、安心だ。フロントではリガ、タリンのPocketも売られており、買った。共同のシャワーとトイレは多少(かなり)ヘコイが、部屋は清潔だし、文句無しだ。

 

 明日、ラトヴィア大使館にてVISAを取得したのち、その足で首都リガへと向かう予定だ。