×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウルムチ〜アルマトイ間国際列車
(Urumqi-Almaty Genghis Khan Express)

ジンギスカン特急と呼ばれる、中国〜カザフスタンを結ぶ国際列車は、
ウルムチからアルマトイ間、1359kmを約36時間で結ぶ。
途中、国境駅で車輪交換のため、4時間ほど停車する。

車窓からの風景
カザフスタン入国直後の写真。
建物がすっかりカザフスタン(ロシア)風になった。

車輪交換〜ドルジバ駅で
中国とカザフスタンのレールは規格が違うので、
国境で車輪を交換する必要がある。
この路線では、カザフスタン国境近くのドルジバ駅で
その作業が行われる。
乗客は車内に残ってもよいが、
交換の間、4時間も車内に缶詰になってしまうので、
降りて待つ乗客も多い。
(私たちもその中の部類。)
この写真は、ウルムチ行き(逆方向)だが、
間違って嬉しそうに写真を撮っているところ。

アラクリ湖(Lake Alakol)
ドルジバ駅を過ぎてすぐ、アラクリ湖
(アラコル湖かもしれない)の湖畔を列車は走る。
カザフスタンにある、
アラル海やバルガシュ湖に比べると、
この湖は三分の一程度の大きさであるが、
既に地平線が見えるほど、その規模は大きい。

アラクリ湖その2
湖に浸かってしまいそうなくらい、
水際を走る箇所もある。

車窓から見た夕日
西へ沈もうとする夕日を追いかけるかのように
列車も西へ、西へと向かう。
時には列車が太陽の沈む速さを追い越して、
太陽が昇ってくることもある。
見渡す限り原野の、壮大な景色だ。

中央アジア編の他の写真を見る

Homeに戻る


All Rights Reserved, Copyright(c)2002-2006, Masato and Yuko SATO.
無断転載を禁じます。