×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

8月18日(火)  トルファン      晴れ    お休み

 ユウコは体調不良のため、今日は休養日とする。

 そこで、午前中は本を読んだり、この先の予定を考えたりして過ごす。

**

 この時期の日記には、こんな旅の計画が書いてある。

8/16(日) トルファン散策 舞踏見物 トルファン泊

8/17(月) トルファン一日旅游 トルファン泊

8/18(火) 休暇日 トルファン泊

8/19(水) トルファン→コルラ コルラ泊

8/20(木) コルラ→クチャ クチャ泊

8/21(金) クチャ金曜バザール見物 クチャ泊

8/22(土) クチャ→アクス アクス泊

8/23(日) アクス→カシュガル カシュガル泊

8/24(月) カシュガル散策 カシュガル泊

 ここから先の予定が曖昧で、8月中にアルマトイに入るパターンと、9月にずれ込むパターンが書かれている。

**

 そろそろ新疆の具体的旅程と、その先のことをプランに入れなければならない。とくに「中国を出国し、カザフスタンに入国するタイミング」が問題である。

 この先、新疆をまじめに回ればさらに1ヶ月あっても足りないが、そこまで中国を長引かせるとあとに響く。カザフスタン・キルギスタンをそれぞれ2週間と見て、ウズベキスタンに20日、トルクメニスタンに10日ほど。これは多めに取った場合だ。いずれにせよ、こんな感じで、

 9月:上旬カザフ 下旬キルギス

 10月:上旬ウズベク 下旬トルクメン

と来て、10月末にイランに入る。イランに3〜4週間滞在し、トルコに2〜3週間。ブルガリアは旅程次第だが通過でも良い。そうすれば・・・ルーマニア・シゲットのクリスマスに間に合う。そして、それに間に合うためには、この予定を変えない限り、中国は8月末に出ることになる。日本で取得しているカザフのビザは9月1日から有効である。中国からカザフスタンに陸路で入るには列車かバスだ。僕は列車に乗りたい。ウルムチ発アルマトイ行きの国際列車に乗るとすると、この列車は毎週月・金曜日にしか出ないから、8月28日(金)・31日(月)あるいは9月4日(金)に乗車することになる。

 ということは、その2,3日前にはウルムチに到着していなければならない。

 ということは、新疆で費やせる時間はあと10日ほどということになる。

 そうでなければ、すべての旅程が狂う。

 タシュクルガンとホータンを両立させるのは、かなり難しくなってきた。砂漠の道にこだわるか、タシュクルガンまで行って、帰りはカシュガル-ウルムチをノンストップで戻るか・・・。

 

 午後、僕は1人で買い物に出かけたり、「チーズの話」を読んだりしてすごす。

 

 午後8時ではまだ明るいが、夜市の屋台はにぎわっている。チャーハン(抓飯)・シシカバブをひと皿ずつもらって2人で分け合い、食べる。斜向かいに日本人らしい3人の若者が、同じチャーハンを食べていた。男が1人、女が2人。男のほうが得意げな面もちで、なにやら説明をしている。

 食べ終わった後で通りかかった餃子屋がとてもうまそうに思え、ついつい2人で半斤を食べた。