×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

114日(木)コシツェ 曇り(道中では快晴 クラクフでは晴れ。ただし雲多い)

 

【スロヴァキア、コシツェから、ポーランド、クラクフへ】

移動日。

4時起床。520分出発。トラムの2番に乗って鉄道駅へ向かう。まだ真っ暗だがバス停には待ち人が多く、街の朝は早い。鉄道駅もお客さんが少なくない。機内食としてチョコ、アメ、ガムなど買い、コルナを全て使い切って(!)列車に乗り込む。

ちなみにコシツェからクラクフへは1本の特急(ハンガリーからやって来る。コシツェは115分発)と、2本の急行がある(66分と1410分)。

 

 8人コンパートメントは2人占めだ。ユウコはぐうぐう寝てしまって、僕がコンパートメントを出入りしても全く気がつかない。

列車は淡々と走っている。客は少なく、7時半に到着した国境のPlavecまでにほとんど降りてしまった。

しばしの停車。

 

ここがスロヴァキア側の国境の街となるはずだが、「パスポートコントロール」と入ってきたのはポーランドの入国管理官である。

逆ですよー。

8時になって列車が動く。

 

反対方向に走りだしたところで、スロヴァキア側の出国管理官が来た。

815分、MOSZYNAに到着。

いつのまにかポーランドに入境している。

 

その後は農村地帯を軽快に走り、1227分、クラクフに到着した。

 

【ポーランドへの第一歩、クラクフの印象は、しかし、どうも・・・】

駅は屋根付き、地下通路は明るく清潔だ。が、カフェの人々はどうも暗い

 

それは気にせず、駅前の両替所でまずは少額のポーラント貨幣ズウォティを手に入れる。

そして旅行案内所へと出向く。安いホテルか、プライベートルームを紹介してもらうのが目的だが、窓口のオバサンは愛想が悪い

英語が通じるのが救いだが、オバサンはホテルの料金表を無造作に出して机上に置くのみで、なんの説明もしてくれない。

 

「オススメとか、このホテルは街のどの辺にあるのかとか、教えてくれないのかなあ」

 

と思うが、その前にホテルの料金は、ロンプラでは「安宿」と書かれているところでも、みな一様に高く、130ドルを超える。

 

そこで、「プライベートルームの紹介はないのですか?」と聞くと、

「それは隣のWawel Tourだ」と、素っ気ない。

 

それでWawel Tourでプライベートルームの斡旋を受けることにした。旧市街の近くで、12人で85Zt(≒24ドル)と、ホテルよりは良い。

それはともかく、ここの窓口オバチャンはなんだかくたびれている

「料金は前払いで」というので、ユウコを残してBankomatへ走り、カードで金をおろす。

 

 紹介されたアパートは歩いて10分ほど、かんたんに分かる場所にあった。5階建てである。部屋番号からすると目指すところは4階のようだが、アパートの部屋番号の並びがよく分からず、行ったり来たり。

なんとか見つかり、ブザーを鳴らすと初老のオカーサンが顔を出す。奥には20過ぎ(?)の娘が立っている。話はWawel Tourから通っているはずなのだが、なんとなく客慣れていないような、それともこの2人もどこかくたびれているような・・・。

 

部屋は良い(8畳ほどの、やや細長い部屋)。玄関のドアを開けるとまっすぐ廊下が6,7m伸び、左右に部屋がある。廊下の突き当たりのドアを開けるとキッチンがある。突き当たりの左にもう一つ部屋があって、ここが我々の空間。部屋の向かいにはトイレと、広いシャワールームがある。

 

我々が使うのを許されているのは、あてがわれた部屋とシャワー、トイレである。

「キッチンを使わせてくれるかな」とユウコが言う。「

「聞いてみれば?」と僕は答えるが、「『自由に使ってね!』ぐらい言ってくれればやりやすいけど・・・」と逡巡している。

気持ちはなんとなく分かる。よそよそしいというか、警戒されているというか、慣れていないのか・・・。

 

 それはともかく、さっそく旧市街へ散歩に出かける。クラクフではセーターが暑いくらいだ!

 

 食事に入ったChlopskie JadloPeasant’s Dish 小作人料理)のロールキャベツはやたらでかく、しかも1人前で2つも出た!

 すっかり満腹になった。

 街へ買い物。ウォッカは高い。ズブロッカは地元産のはずなのに14ドル以上もする。ほかは概ね1520Zt45ドル)といったところ。WisniakCherry Wodkaと書いてあるので買ってみたが、やたらと甘いリキュールで、これはソーダなどで割るべき飲物だ。

 

 クラクフの人々は全般にくたびれている。骨張った輪郭、こけた頬、高い鼻、くぼんだ目、目と鼻の間にできたクマのせいか・・・「暗い」という印象だ。レストランのオニーサンは陽気でホッとした。散歩の途上で、若い男に、少し離れたところからなにか言われた上に、「ハイルヒトラー」をやられた。