×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

旅で出会った動物たち

羊の他にも、いろいろな動物に出会いました。

トルファン 【中国新疆】

 ロバ車は街の主要な交通手段のひとつです。
トルファンのロバ車(中国新疆)


トルファン、高昌故城の駱駝(中国新疆) トルファン 【中国新疆】

 高昌故城はトルファン郊外にあり、三蔵法師も立ち寄ったという高昌王国の遺跡です。観光客をラクダ達が迎えてくれます。


クチャ(庫車) 【中国新疆】

 コルラからクチャへの途上、長距離バスの昼食休憩で降りた食堂まで見かけたニワトリと七面鳥。バスの乗客が落としたゴミをついばんでいます。
クチャへの途上で見たニワトリと七面鳥(中国新疆)


アルスランバブの乗馬(キルギスタン) アルスランバブ 【キルギスタン】

 キルギスタンでは今でも馬が人々の主な足。村のオヤジが馬に乗る姿は、不思議とカッコが良いものです。


バザールクルガン 【キルギスタン】

 アルスランバブからの帰りのバスで、牛の渋滞に遭遇しました。よくあることだそうです。
バザールクルガンの牛渋滞(キルギスタン)


ビシュケクのパンフィロフ公園(キルギスタン) ビシュケクのパンフィロフ公園 【キルギスタン】

 日本の新宿御苑やN.Y.のセントラルパークでもリスを見ると言いますが、キルギスタンの首都、ビシュケクの中心にあるパンフィロフ公園にも、リスが多く住んでいるようです。


ヒワ 【ウズベキスタン】

 世界遺産にもなっているヒワの遺跡で、観光客をふてぶてしく出迎えます。
ヒワのラクダ(ウズベキスタン)


エフェスの子犬達(トルコ) エフェス遺跡 【トルコ】

 エーゲ海最大の遺跡群を誇る古代都市エフェス(古代名エフェソス)は世界的にも有名な観光地ですが、野良犬が多いことでも有名です。観光客にエサを求めて、誰彼構わず近寄ってきます。エフェス観光は犬が苦手な人にとっては、苦難の場所でもあるようです。


シナイア 【ルーマニア】

 こちらは「カルパチアの真珠」と評されるルーマニアの景勝地シナイアで、この野良犬は僧院までの道のりを案内してくれました。御礼にあげた朝食の残りのパンをおいしそうに食べているところです。
シナイア僧院の野良犬(ルーマニア)


シゲットのクリスマス祭(ルーマニア) シゲットのクリスマス祭 【ルーマニア】

 中世の文化が色濃く残るルーマニア、マラムレシュ地方でのクリスマス祭では、橇を引く精悍な馬たちが盛り上げてくれます。


グダンスクのモトワヴァ運河 【ポーランド】

 白鳥たちは運河の沿道で立ち止まる人を見つけると、エサを期待して突進してきます。
グダンスクの白鳥(ポーランド)


昆明民族村の象(中国雲南) 昆明民族村の曲芸象 【中国雲南】

 唱ったり踊ったり、記念撮影に記念餌付けと、民族村の人気者、ゾウさんは大忙しです。


金平のウシ 【中国雲南:金平ミャオ族ヤオ族タイ族自治県】

 段々畑をノンキに散歩しているところです。
金平のウシ(中国雲南)


景洪、曼听公園の孔雀(中国雲南) 景洪、曼听公園の孔雀 【中国雲南】

 シーサンパンナタイ族自治州で最大の街、景洪の曼听公園にはクジャクの放し飼いコーナーがあります。


景洪からラオスへの途上 【中国雲南】

 バスの昼食休憩で立ち寄った沿道の食堂そばに寝そべる黒ブタ。傍らには子ブタも数頭、遊んでいました。
雲南の黒豚(中国雲南)


ボーテンのウシ(ラオス) 中国との国境、ボーテンにて 【ラオス】

 中国側の国境、モーハンの町からラオス側の国境ボーテンに至ると、国境の検問より先にウシが迎えてくれます。


メコンの牛たち 【ラオス】

 ラオスの古都、ルアンパバンはメコン河畔にあり、木の葉のようなボートでクルーズに出れば、このようなウシたちにも会えます。
メコンのウシたち(ラオス)


ビエンチャンのトリ(ラオス) ビエンチャン郊外 【ラオス】

 首都とはいえ、街の中心から自転車で15分も走れば、のどかな農村が広がります。


ビエンチャン郊外 【ラオス】

 ビエンチャンの郊外をサイクリングをしていると、人々の笑顔に加え、このような動物たちも出迎えてくれます。
ビエンチャンのウシ(ラオス)


旅のヒツジ  旅の動物たち?  Homeに戻る