×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トルコ5(No.55)白い段々畑〜パムッカレ

【石灰棚のある街】

1124日(晴れ)

コンヤからデニズリ経由でパムッカレへ。デニズリまでのバスの中では、近距離で降りる人も多く、従業員でさえ1回交代し、私たちはコーヒー2回、水1回、菓子2回、コロンヤ5回という過剰なサービスをうけた。前の席に座っていた地元のおばちゃんからは、りんごやミニキャロット、キュウリなどを「食べなさい」と分け与えられた。リンゴがとても甘くておいしかった。

デニズリからは私営のミニバスでパムッカレへ。ぼられることはなかった。運転手のおやじが「どこに泊まるんだ?」というので、フェニックスで紹介されていたホテルメルテムの話をすると、「そこはいいぞ」と勧められたので、そこにする。きれいな宿。宿泊するのに、名前も聞かれない。

ひと休みして、石灰棚へ。外側から石灰棚を見るだけなのかと思っていたら、棚の中を裸足で歩く。足の裏がイタイ!日本の温泉センターにある、歩行浴の石みたいだ。健康になりそう。でも水がけっこう冷たくて、お腹が冷えそうだ。

パムッカレは写真で見ると美しいので、実際に訪れると「がっかり」の方に入るとガイドにはあったが、逆にその話を事前に聞いていて、期待していなかったので、けっこうすごいぞと思う。白い石灰棚に水が溜まって、青い段々畑のようになっている。棚の上のほうにはプールもあるそうなので、明日はそこに行く。楽しみだ。

このパムッカレでフェニックスにて同宿だった南アの人、ベリーダンスにて一緒だったシンガポールのツアー客、ウフララ渓谷ツアーで一緒だったK大の女子大生らと会う。皆、来るところは同じだ。石灰棚の水は、ここのところの観光地化で一部分は枯れているとガイドに書いてあったのだが、おもっていたよりは結構ある。この水は、皮膚病にきくそうだ。また、何日かこの水につけておくと、どんなものでも白く石灰化させてしまうそうだ。

夕食はホテルメルテムの食堂で、サシ(羊肉)・ケバプとタヴァック(鶏肉)・ケバプ。ケバプといっても、シシカバブのように串刺しのバーベキューがでてくるのではなくて、それぞれ肉を細切れにして、トマト、ピーマンと共に煮てある。さらにその上にフライドポテトがトッピングされている。それとは別に付け合わせとしてジャガイモ、なす、キュウリを素揚げにしたものと、ライス(白いピラウ)、エキメッキも付く。なかなかおいしいが、今日はお昼抜きだったので、これだけ食べてもおなかがいっぱいにならない。マサトも同様で、珍しくマサトが自主的に買いものにでかける。パムッカレは観光地ということで気をひきしめていたのだが、けっこうのんびりした田舎だ。

 

1125日(晴れ)

昨日、足のツボが刺激されたせいかよく眠れた。朝食はトルキッシュ・ブレックファスト。オリーブ・白チーズ・バター・キュウリ・トマト・ゆで卵・イチゴジャム。飲物はコーヒーか紅茶が選べる。今日はコーヒーにした。トルコの朝食には、必ずオリーブが出てくるが、あまり美味しいとはおもえない。トルコのオリーブが美味しくないというのではなくて、もともと食べ馴れないからだろう。

今日の目的は、ヒエラポリス等の古代遺跡とプールだ!古代遺跡ではローマ時代のアーケード、トイレ、劇場、お墓など見る。劇場のレリーフはなかなかきれいに残っている。円形劇場にて、再びSB氏に遭遇!彼は今日、ここに来たらしい。今日は彼にも連れがいるので、挨拶するのみ。

楽しみにしていた温泉プールは、ゴミが浮いていて、汚いので断念。がっくり。貴重品も万全の対策をしてきたのに・・・。(泣き顔の絵)しかし、どこの国の人か知らないが、石灰棚の通路で温泉気分を味わっている一組の白人男女あり。男女ともいい年だが、男性のほうはパンツ一丁で、けむくじゃらの巨体をさらし、なんだか汚い。女性の方も下着姿になって水に浸かっている。そこまでして、入りたいか?というか、ちょっとあきれる。私たちはもちろんそのようなことはしない。

昼食は村の食堂で。キョフテと魚とコーラだけなのに、高かった。ピラウ・サラダとセットメニューになっていたからかな・・・。味はよかったが。

プールに入れなかったので、今日暇になってしまった。明日早々に、次の街セルチュクへ移動することにする。

夕食はドルマス(パプリカにスパイシーなピラウが入ったもの)、イスパナック(菜っぱの煮物)、チキン・シシ、メネメン(トマト・タマネギ・シシトウのオムレツ)を食べる。ここ、ホテルメルテムの料理はどれもおいしい。

食堂の入り口で体重計を見つけ、乗るが、○×キロあり、ショック!!あまり痩せていないのだ!!でも、ウエストは5センチは縮んだ。お尻も小さくなった。筋肉になったのだろう、と自分を慰める。しかし、トルコは美味しいものが多いし、しかも衛生的で当たらないので、また、太っちゃうかな??

 

1126日(晴れ)

ホテルメルテムをチェックアウト。明朗会計で、昨日さんざん食べた(しかもラクも飲んだ)のに、2250000とは、安い。結局名前を聞かれることはなかった。宿帳などもない。のんきな宿だ。

 

 

(つづく)